Translation

仕事の把握

どんな仕事をしているのだろうか

翻訳会社は日本に2000社から4000社存在するといわれています。 そのほとんどが小規模事業者で、数名のスタッフで運営している会社です。 翻訳会社の社員が翻訳する場合もありますが、社外のフリーランスに外注している場合もあります。 翻訳会社の主な仕事は、産業翻訳と出版翻訳、映画字幕翻訳があげられます。 産業翻訳というのは海外の会社との契約書やマニュアルなどを翻訳する仕事です。 出版翻訳は海外の書籍を日本で出版する際の翻訳や、日本の小説などを海外に紹介する際の翻訳の仕事になります。 映画字幕翻訳は海外の映画を日本で上映する際につける字幕の翻訳作業です。 この中で最も市場が大きいのが産業翻訳で、ほぼ9割の仕事がこれにあたります。 最近のトレンドとしては機械翻訳を取り入れる会社が増えているのが特徴です。

どうやって翻訳会社を選んだらいいのか

翻訳会社のサービスを利用する方法は、インターネットなどで翻訳会社を探して依頼する方法が一般的です。 翻訳会社のホームページを見ればどんな翻訳の仕事を請け負っているか料金と作業体制などが書かれています。 ホームページから見積もりができるサイトが多いので、複数の会社の見積もりを取って予算にあったものを検討することができます。 複数の翻訳会社の情報を比較したサイトなどもありますので参考にするとよいでしょう。 他にもクラウド翻訳といってネット上で仕事の外注ができるサービスも登場しています。 クラウド翻訳のサービスを利用する方法は、まずクラウド専門のマッチングサイトに登録して仕事の依頼を掲載します。それを見たフリーの翻訳者が応募してきて条件の合った人と契約して仕事を請け負ってもらうという方法です。 クラウド翻訳サービスでは価格が安く設定されていることが多く、予算を抑えられるというメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加